2018年12月10日月曜日

2018年12月2日

2018年12月2日 待降節第1主日礼拝説教要旨
  「はじめの言葉」 桝田翔希伝道師
   ルカによる福音書 21:25~33節
 アドヴェントの第一主日を迎えられましたこと感謝いたします。先日はアドヴェントワークとしまして、クリスマスの飾りつけも行われましたが、クリスマスに向けて様々な準備をする中で祈りながら過ごしていきたいと思います。そんな日の聖書箇所は終末を描いたとても恐ろしい箇所が選ばれていました。私たちは、この日にあって何を問いかけられているのでしょうか。
 ルカによる福音書は、マルコによる福音書を見ながら独自の解釈をしつつ執筆されたと考えられています。この聖書箇所もマルコによる福音書で語られ、エルサレムの滅亡とイエスの再臨を結び付けて語られています。紀元後70年にイスラエルはユダヤ戦争を経験し、ローマ兵によって放火されエルサレムは崩壊してしまいました。そのような辛い経験を踏まえ、マルコはイエスの再臨を信じています。しかし、エルサレム崩落から少し時間が経ったルカは再臨を分けて考えようとしたようです。非常に辛い経験をしたのに、終末は訪れず再臨も起こらなかったからです。
 私たちは終末や再臨をどのように捉えているでしょうか。今年は多くの災害が起き、聖書が語る天変地異のようです。様々な痛みや苦しみを経験しながら、その後に救い主が現れるという現実的な希望は抱いていないのではないでしょうか。釜ヶ崎で働く本田神父は痛みや苦しみの中でこそ人間は力を持つと語っておられました。先日、ケニアで教育活動をされる宣教師の方の講演を聞く機会がありました。「今日生きることにさえリスクがある」子どもたちが東北の震災を知り、昼食を我慢して数万円の寄付を集めてくれたのだそうです。「与えるものを全く持たない貧しい人はいない」そう語っておられました。
 私たちも様々な問題に直面し、悩み苦しみます。しかし聖書はエルサレムの滅亡など、人間が「もう終わりだ」と思うような時でも力が残されていることを語ります。最期に残される力を信じ、共に祈りつつアドヴェントの時を過ごしましょう。

2018年12月4日火曜日

2018年11月11日

2018年11月11日 降誕前第7主日礼拝説教要旨
  「荒れ野の声」 桝田翔希伝道師
   ルカによる福音書 3:1~14節
 POV教会との交流の日曜日であります。それと同時に教団が定める「障がい者週間」の始まりの日でもあります。この日にあって今日の聖書箇所である「洗礼者ヨハネ」の物語は、私たちに何を問いかけているのでしょうか。
 世界中で「障害」に対する様々な動きが1980年代に起こりました。その頃に権利宣言などが出され、社会的・法的に「障害」に対する考えが変わっていきました。さらに社会的な部分だけではなく、運動の中で概念そのものも変わったのだそうです。それまで様々な人が持つ障害というものは、体の中に宿るものであり医学的な方法でそれらは取り除くことが出来ると考えられていました。しかし、そのような考え方に異議が唱えられ、障がいは体の中に宿るものではないと言われ始めたのです。障がいとは、障がいを持つ人と障がいそのものを受け入れない社会との間に生じるものであると言われたのだそうです。私たちは社会の中で生きる中で、自分自身を社会に合わせようとしているのではないでしょうか。その反面、合わせることが出来ない人を排除しているのかもしれません。
 ヨハネは神の言葉を聞き、多くの人たちに教え始めます。聖書は、ヨハネのもとに様々な「身分」の人たちが押し寄せたことを報告しています。救いを求めてヨハネの周りに集まった人々のことを、ルカはわざわざ社会的な身分に分けて描きました。大多数のユダヤ人、収税人、兵士、それぞれが社会的な枠組みの中である程度満たされた生活をしつつも、結局は自分自身をその枠組みにはめ込んでいました。ヨハネはそれぞれの枠組みを外す言葉をかけています。ユダヤ人らしい生活が出来ていることに満足するのではなく、下着をも分け与えること。生活のために集めた税金の一分を自分のものにするのをやめること。雇われ兵士としてそれ以上のことはしないように。社会の中で当たり前と思われていたことをひとつずつ指摘しています。
 私たちも、社会の枠組みに自分や他人をはめ込んでいるのかもしれません。そのような意識の中にこそ「障がい」が生まれるのかもしれません。体の違い、国の違いを持こえて、分け合うことに満足するようにヨハネは語るのです。

2018年11月20日火曜日

2018年11月4日

2018年11月4日 降誕前第8主日礼拝説教要旨
  「未来を拓く力」 横田法子牧師
   マルコによる福音書 16:1~8節
イエスの神の国運動は共に生きるという実践そのもの。それは弱さや孤立から逃げるため強い人に頼るものではなく、弱さを絆に共に連帯していく生き様でした。そこにこそ神の力は生きて働くことを証し、孤独に絶望し不安を抱え自分なんてと項垂れる者でも、神の愛と恵みを分かち合い共に賛美して生きられると証しました。逃げずにイエスの死を見届けた女の弟子たちは、三日後によみがえるという予告を信じていたのでしょう。望みを断たれても横穴式の墓を塞ぐ大きな石という障壁があっても、イエスに従い続けようとしたのは大したもの。それでも躓くのが人間です。現代の聖書学者の定説は、マルコ書は6章8節まで。死の絶望よりも強い神の力が示されても、信じきれない人間の破れでとじられるのです。
香油で体を清めるのは葬りの作法ですが、油は王の即位で注がれるもの。墓に行った女性たちに死んでもなお「王」の力に頼ろうとする姿を見ます。復活のイエスとの出会いは、真の主体性と自由を得さるものです。復活とは「(神によって)起こされる」の意味。復活はイエス以後のキリスト者にもたらされ続けている出来事です。やがて弟子たち(女性も男性も)も十字架のあがないと復活を宣べ伝え、弱さで連帯して支え合い分かち合って生きる群れ(キリスト教共同体)を形作ります。躓きを乗り越えさせたもの…、それはイエスの祈りでした。「先にガリラヤへ行く」とは、裏切りの予告の際のイエスの言葉。ルカ書では「私はあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」とあります。既にすべてが赦されていたことを悟った時、ガリラヤで共に過ごした日々がよみがえり注がれ続けている神の愛を確信したことでしょう。
「祈った人が世を去った後も、その祈りは後に残って活動を続ける。」は、ある宣教史の言葉。世々のキリスト者が生涯を通して示した信仰の証しが、祈りが、共におられる復活のイエスへと向かわせ、それが未来を切り拓く力になることを私は実感しています。

2018年11月14日水曜日

2018年10月28日

2018年10月28日 降誕前第9主日礼拝説教要旨
  「空しさの向こう側」 桝田翔希伝道師
   ルカによる福音書 12:13~21節
 教会暦が聖霊降臨節から降誕前節となりました。クリスマスまで9週間を控え新しい節目の日曜日です。イエスの誕生を覚えるクリスマスに向けて、事務的実務的な準備も始まっていますけれども、私たちの祈る心も9週間かけて準備できればと思います。先日、23日から25日と教団総会が行われ部落解放のアピールで私も参加させていただきました。歴史の中で様々な問題、様々な痛みを抱えていますが心の通った話し合いが出来ますよう祈りたいと思いました。
 さて今日の聖書箇所は、あるお金持ちのたとえ話が語られています。ある豊作の時に今まで使っていた蔵を壊しさらに大きな蔵をつくり、作物を蓄えたのでした。しかし神はその人がその日で死んでしまうことを知っていたのでした。死んでしまうのにその富をどうするのか、イエスはそう語りかけるのです。聖書が書かれた時代から時が流れ21世紀に私たちは生きています。しかしこの時に語られた「豊かさ」より数段上の豊かさの中で私たちは生きています。
 ここで語られているお金持ちの人のように、私たちも貯金をします。不景気をはじめ不安定な時代にあって、私たちを襲う不安をお金は解決してくれます。さらに今日の社会は様々な場面でお金が必要になります。道を歩いていて急に何かが食べたくなるようなときもありますし、急な事故や病気など、様々な場面でお金が必要になります。お金は大事というわけですがお金がなければ住む場所も食べる者も着るものも手に入りません。お金がなければ生きることを許されないような社会に生きています。しかし聖書の中では「豊かさ」に対して注意を促しています。金銭的、肉体的な豊かさは神を忘れてしまう。神から与えられた命の大切さに忘れてしまうというのです。
 将来の不安は上げだすときりがありません。私たちは何が不安の原因なのかわからない、言いようのない不安に追われているのではないでしょうか。そんな中で神から与えられた命の大切さに忘れてしまっているのではないでしょうか。今日、この日に私たちが向き合わなけらばならないものに目を向けよ、とイエスは語っておられるのではないでしょうか。

2018年11月6日火曜日

2018年10月21日

2018年10月21日 聖霊降臨節第23主日礼拝説教要旨
  「絶妙ブレンド」 横山順一牧師
   創世記 11:1~9節
 四月に天に召された榎本てる子さんは、生前「ブレンディング・コミュニティ」を作る夢をたびたび語っておられた。性をはじめ様々な立場の人間が「混ぜあわされた」豊かな多様性の社会を目指したてる子さんの夢に賛同する。ちなみに沖縄の踊り「カチャーシー」も、混ぜるという意味。
 かつていた教会でいただいたブリューゲルの「バベルの塔」のパズル絵を眺めていて、ふと、塔の下で鞭打たれ働かされている庶民の姿から気づかされた。つまりそのような強制・強要をしないと塔の建設は不可能だということ。
 テキストはニムロドが建てたバベルの塔の箇所。「有名になりたい」という願望は誰にもあろう。しかし実際にできる人は限られる。基本的にそれは「権力者」ではないか。口語訳ではニムロドは「地上で最初の権力者」だと訳される。
 「世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた」(1節)とあるが、戦時中の日本が他国の言葉や文化を奪う同化政策を推進したのと同様を示している。そうでなければ戦争という塔の建設ができなかった。
 神が怒りをもって塔を壊されたのは当然の結末だった。神がなさったのは混乱のためではなかった。バラルにはごちゃ混ぜという意味がある。無理に一つとされた民たちに、それぞれの言葉を使い、それぞれ自由に生きて良いという神からの示し。また違うが故に、互いに聞き合わねばならないという神の思い。それがバベルの塔の物語の骨子だろう。
 弟子たちがそれぞれの言葉で語り出したという使徒言行録のペンテコステの出来事も、それぞれが自由に語って良い、語るべきという神の愛の思いを示している。
 ごちゃ混ぜとは、無造作なバラバラを意味しない。神の配慮に満ちた絶妙なブレンドである。聖書は、太古から多様性の大切さを記していた。

2018年10月29日月曜日

2018年10月14日

2018年10月14日 聖霊降臨節第22主日礼拝説教要旨
  神学校日礼拝 「田舎者の涙」 桝田翔希伝道師
   マルコによる福音書 14:66~72節
 高校時代、推薦の枠が余っていたので神学部に進むことにしました。その頃の私は、キリスト教はあまり好きではありませんでした。そして、ボランティアというものも好きではありませんでした。そんな私に当時の聖書科の先生に、夜の10時から1時間、京都駅を歩き野宿しておられる方に声をかける「京都夜回り」に参加してみなさいと言われました。個人的にはあまり気の進まないまま参加し、一度行ったらそれで終わろうと思っていたのですが、最後に「来週も来るやんな?」と聞かれました。どう断っていいかわからず「はい」と言ってしまい。それから大学にいる間は夜回りに参加するようになりました。振り返ってみると、夜回りは受洗するきっかけとなり、教職を志すきっかけにもなりました。ボランティアもキリスト教もあまり好きではありませんでしたが、次第に様々なことに関わるようになりました。大学にいた間、私が持っていた意思や計画の多くは打ち砕かれたのでした。
 命が危険になってもイエスに従う(31節)と言ったペトロでしたが、汚い言葉まで使ってイエスの弟子であることを否定しました。イエスが逮捕された後は、隠れながらもイエスの後についていきましたが(54節)、いざ弟子であることを追及されると嘘をついてしまったのです。頭では信じていても体が逃げてしまったのです。都会の真ん中で、言葉のなまりのせいで田舎のガリラヤから来たこともばれ、追及されたペトロはイエスの言葉を思い出し最後には身を投げ出して涙を流しています。この物語では、人間の不安定な意思、どんな状況でも揺るがない神の意思が描かれています。
 今日の社会を見ていると閉塞感が漂う中で完璧主義が貫かれているような気がします。社会学者の岸政彦さんはコラムの中で「果てしなく不寛容に、完璧主義に、一切のミスを許さない社会になるほかないのだろうか」と語っておられました。私たちが求められる完璧主義は人間の意思であることを忘れてはいけません。イエスを信じるというペトロ(人間)の意思は無残に打ち砕かれました。しかしそれを知ってなお、イエスは「先にガリラヤに行く」と語ったのでした。私たちの意思はいつ砕かれるかわかりません。しかし、打ち砕かれたその先に、涙のその先にイエスは待っておられるのです。

2018年10月21日日曜日

2018年10月7日

2018年10月7日 聖霊降臨節第21主日礼拝説教要旨
 【世界聖餐日・世界宣教の日 讃美礼拝】
   「歌い続ける歌」 桝田翔希伝道師  聖餐式:横田法子牧師
     詩篇 40:1~7節 マタイによる福音書 26:26~30節
 チャペルコンサートに引き続き、讃美礼拝を守ることが出来感謝であります。私たちは教会で讃美歌をはじめ様々な音楽を通して聖書や神と触れ合います。一方聖書の中には詩篇と呼ばれる部分があります。詩編に関してはわからないことも多いのですが伴奏をつける歌であったことが想定さていれます。このことから音楽を通して神に触れるということはとても昔から続けられてきました。今日の礼拝では、説教を通して聖書に聴く場面が強調される傾向があるかもしれません。説教と言うと、言葉ではっきり語りますから「客観的なもの」と言えるかもしれません。一方、音楽を通して神に触れるということは「感性的なもの」ということが出来るのではないでしょうか。
 11月7日は教団により「世界聖餐日・世界宣教の日」と定められています。世界聖餐日が定められたのは1940年代、様々なキリスト教の教派の連合により呼びかけが始まりました。1940年代ですから世界中で戦争が起こり、平和を願いながらも恐怖や嫌悪、悲しみが渦巻いていた時代であったことが想像されます。そんな時代にあって、平和を願いキリスト教の様々な教派を越えてイエスの食卓・聖餐式を共に行い祈るためにこの日が定められたのです。
 平和を願いながら、讃美礼拝を守るこの日にあって、聖書は私たちに何を問いかけているのでしょうか。当時イエスと敵対していた人たちに対して、イエスの語り方は非常に含みを持ったものと言えるかもしれません。断罪するでもなく、質問に質問で答える。客観的と言うよりも、感性的なものとも言えるかもしれません。私たちは平和を願いつつも泥沼に足を突っ込んだように、もがきながらも、他人を言葉で客観的にさばいているかもしれません。しかし、イエスは危機的な時に讃美歌を歌いました(マタイ26:30)。客観的な破れのない言葉ではなく、感性を共にするような新しい歌を口ずさみながら平和を願う者でありたい。