2018年6月11日月曜日

2018年5月27日

2018年5月27日 聖霊降臨節第2主日礼拝説教要旨
「イエスの母」 金田義国牧師
  マルコによる福音書 3:31~35節
  ヨハネによる福音書 19:25~30節

私たちのプロテスタント教会はマリアをあまり大きく取り上げない癖があります。そこで今朝はマリアを中心に聖書から学びたいと思います。
私の心に焼き付くマリアの物語がふたつあります。一つ目は、プイと家出してしまったイエスにマリアが会いに来る場面です。イエスは一家を支える稼ぎ手であったことでしょう。しかしイエスは「神の御心を行うものは、誰でも私の兄弟姉妹であり母である」と言うのです。マリアはどれほどがっかりしたことでしょうか。ここにマリアの人間性を想像することが出来ます。
もう一つの場面はイエスの十字架のそばにマリアがいる場面です。ここではマリアの神性があります。第二次世界大戦の時、私は小学生でした。ある日母と電車に乗っていると、戦闘機が急降下してきて、「ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!」と機銃射撃をしてきました。電車は急停車し、皆が大慌てで窓から外に逃げ出しました。すぐまた戦闘機が引き返してきました。その時、母は私に覆いかぶさり守ってくれました。「私は死んでも、この子には生きていてほしい。」この時「犠牲の母の姿」を教えられました。ローマの兵士たちが囲む中でマリアは「愛する息子を助けてやりたい」そう思ったでしょう。あれほどイエスを信じると言っていた弟子たちは逃げてしまいました。しかしマリアは、イエスが死ぬのを最後まで見守ったのでありました。ここにマリアの「犠牲の母の姿」を見ることが出来ます。すなわち、マリアは敗北と絶望を目の前にしながら「たたずむ勇気」を持っていたのです。
私たちはここから学びたい。人生には絶望や失望がある。その時マリアの「たたずむ勇気」を思い出しましょう。人生のどん底をじっと見つめましょう。十字架に耐える勇気です。そしてイースターが与えられるのです。それが復活の朝なのです。

2018年5月28日月曜日

2018年5月13日

2018年5月13日 復活節第7主日礼拝説教要旨
  「母の日に」 桝田翔希伝道師
  ヨハネによる福音書 19:25~30節
 母の日とアジアエキュメニカル週間、召天日を覚えて聖書が私たちに何を問いかけているのかを考えてみたいと思います。母の日は1900年代初めのアメリカで、早くにして亡くなったアンという女性をしのんで、彼女の好きだったカーネーションを470人もの人たちが持ち寄った記念会がきっかけなのだそうです。しかし、商業主義の中で母の日の近くになると、アンの好きだったカーネーションは高い値段がつけれらるようになりました。キリスト教の行事は日本でも商業主義の中で取り上げられています。私たちは母の日をどうとらえるべきなのでしょうか。
 今日の聖書でイエスは、自分がこの世を去ってしまった後、弟子たちが互いに大切にしあい、永遠の命を生きるよう(生き生きと生きることが出来るよう)に守ってほしいと執り成しの祈りをしています。ここで「わたしのものはすべてあなたのもの、あなたのものはわたしのものです(10節)」はキーワードになるのではないでしょうか。私たちはお金さえあれば楽に一人で生きて行くことが出来ます。しかし、この言葉は私たち一人一人の命が「生かされていること」を気付かせてくれます。私たちは母の日はどうとらえるべきなのでしょうか。母に感謝することの根本的な部分は、「当たり前」の命を、創られた命を感謝することなのではないでしょうか。
 今日の聖書を読む中で、ネパールの田舎の村でよく聞いた「村の生活は厳しい」という言葉を思い出しました。ネパールでは機械化されていない農業や生活があり、また簡単に治る病気のせいで多くの人が死んでいきます。この言葉に人間が生きることは本来大変なものであることを教えられました。
 私たちはついつい、便利な社会の中で、自分の命が作られた恵みを忘れてしまいそうになります。しかし、10節にあるように「わたしのものはすべてあなたのもの、あなたのものはわたしのものです」というイエスの祈りに立ち返らなくてはいけないのではないでしょうか。「当たり前」の生活、「当たり前」の命を目の前にして、互いの命を祝いあい、感謝しあいましょう。

2018年5月14日月曜日

2018年4月29日

2018年4月29日 復活節第5主日礼拝説教要旨
  「お米をください」 桝田翔希伝道師
  マタイによる福音書 12:38~42節
1900年代に、近代産業が発達する中で労働者階級が生まれ、労働問題が生まれだします。そのような問題に向き合うことから職域伝道という考えが始まります。今日の「労働聖日」は1960年ごろに「職域伝道」の働きから定められました。
さて今日の箇所ではイエスと敵対していた律法学者とファリサイ人とのやり取りが描かれています。「先生、しるしを見せてください」と言われ、イエスは突っぱねています。私たちも目の前で、実際に何か奇跡的なことが起ればもっと簡単に聖書の言葉を信じることが出来るかもしれません。しかしここでは、ファリサイ人や律法学者が目の前にイエスという人を見ておきながらも、「しるし」という肩書や保証を通してでしか、間接的にしかイエスに出会おうとしない姿が描かれています。職域伝道という考えは神から教会に与えられた恵みを社会に広めるという考えではなく、神は教会よりも先に苦しみに気づき宣教しておられるという考えが根底にありました。最後に釜ヶ崎の「いこい食堂」で働かれた金井愛明牧師が炊き出しの為に書かれた「お米をください」という手紙(『イエスが渡すあなたへのバトン』p.253)の一部を紹介したいと思います。
主の聖名を讃美いたします。今日はお米が欲しくてお願いの手紙を書きました。炊き出しが始まって18年になるが、私は毎日炊き出しをみつめてきた。豊かだと言われる日本で1000人が食を求めて並んでいる姿を目の前にしている。もう一度原点に帰って炊き出しに並んでいる労働者を救済の対象ではなく、戦いの同志であることを確認しながら、炊き出しを続けていきます。ここから始めます。皆さんの祈りと、こころをおにぎりにして釜ヶ崎の人びとに届けます。おにぎりを握りにきてください。
金井先生が神の福音を労働者に教えるのではなく、同志である労働者から受け取っている姿を感じました。私たちはどこから始めたらいいのでしょうか。信じられない、保証が欲しいと今日の箇所のように私たちも求めてしまいそうになります。私たちが求めるような神の業はどこにあるのか、それは社会の隅々の悲しみの中に神がすでに赴き広めておられるのです。そのような業に気づきながら神を証するものでありたい。

2018年5月8日火曜日

2018年4月22日

2018年4月22日 復活節第4主日礼拝説教要旨
  「エマオ途上のキリスト」 山下毅伝道師
   ルカによる福音書 24:13~53節
内村鑑三の娘ルツ子は、確かなキリストの信仰を持っていました。臨終の3時間前両親と共に聖餐にあずかり、ルツ子は「感謝」の言葉を語り、顔には歓喜の光がただよっていました。1912年1月12日「もう行きます」との言葉を残して息絶えました。彼女の死顔には口元に微笑(ほほえみ)が浮かんでいました。ルツ子の魂には復活されたイエスの聖霊が宿っていました。この出来事は内村鑑三に大きな影響を与えます。――復活とはどんな出来事でしょう。復活は向こう側から来る真理です、神は生きておられます。イエス・キリストは私たちの目の前にある死の墓を越えて生きておられます。ヨハネによる福音書11章25節に「わたしは復活であり、命である、わたしを信じるものは、死んでも生きる」と述べられています。
ルカ24章でクレオパ等二人の弟子が、エルサレムから今、逃れて歩いています。彼らは期待していたイエスが十字架にかかり、絶望の中を暗い顔をして歩いていました。歩いているときもう一人の方が、共に歩いてくださり、二人の弟子たちに、「メシアはこういう苦しみを受けて、栄光にはいるはずではなかったか」と聖書全体を説き証します。心がにぶくなった弟子たちをおいて、イエスはさらに進もうとされますが、弟子たちが引き留めて、食卓を共にします。聖餐にあずかるのです。その時、パンを裂かれているのは、復活されたイエスだと二人の弟子たちは分かります。内村鑑三の娘ルツ子も聖霊を受けたように、弟子たちも聖霊を受けたのです。 「どんな人でも、聖霊によらなければ、イエスを主だといえません。」復活のイエスとの出会いは、私たちを根本的に変革します。人生に絶望している人間でも、復活のイエスに「助けてください!」と心から叫ぶのなら、私たちの人生に根本的な変革が与えられるのです。イエス・キリストは死に勝利したように、私たちも死に勝利するのです。

2018年4月30日月曜日

2018年4月15日

2018年4月15日 復活節第3主日礼拝説教要旨
   「わたしにつながっていなさい」 佐藤博牧師
    ヨハネによる福音書 15:1~10節
教会の営みから身を引くも、勿論クリスマス、復活節等の教会の動きはわかりますが、宗教改革記念日が近づいているのには気づきませんでした。昨年の9月に入って、今年10月30日はルターの宗教改革記念日より500年目だと気付きました。現役ではありませんので、何かの機会でと、少し遅れて今朝の説教となりました。
教会と信仰者の救い主イエス様と「つながり」に最も危機感を抱いていたのが、今朝のイエス様の「ぶどうの木」の譬えを残した福音書記者ヨハネだと思います。そのヨハネがキリストに「つながる」事の啓発者が、パウロであると理解しています。今朝の「ぶどうの木の譬え」の前半部分で前置詞「エン」単独で「私とつながる」ことを4回に渡り強く訴えています(2・4・5・11節)。ローマ書6章11節に「キリスト・イエスにあって」は口語訳・新共同訳では「…に結ばれて」と訳されています。ヨハネはこの「ぶどうの木の譬え」の1~10節間で10回の動詞「メノー」と前置詞「エン」を重ねて、例えば4節の「わたしにつながっていなさい」の文章をパウロの時代より約40年後、私たちに訴えています。ヘレニズムの文化の影響が非常に強くなって、イエス様との「つながり」が薄まっていたのでしょうか。なりふり構わず、少し泥臭い表現ですが、「メノー」「エン」を重ねて、イエス様への「つながり」の希薄化に対抗しているようです。
何をもってイエス様との「つながり」を強く現すかは、ヨハネ15章7節の「私の言葉があなた方の内(エン)、いつもあるならば(メノー)」とあります。この「言葉」レーマは「口から発せられた声」の意味です。イエス様との「つながり」が人格的に最も強いことを示唆しています。パウロはローマ書10章17節で「実に信仰は聞くことにより、しかもキリストの言葉(レーマ)を聞くことによって始まるのです。」と語ります。パウロの最晩年のイエス様との「つながり」は何が一番中心かを強く教えています。ルカやヨハネもこの言葉(レーマ)の意味を訴え、教会とキリスト者の信仰の中心に据えようとしました。

2018年4月16日月曜日

2018年4月8日

2018年4月8日 復活節第2主日礼拝説教要旨
  「あなたに」 桝田翔希伝道師
  マルコによる福音書 16:14~18節
この一週間、ニュース番組では舞鶴市で行われた大相撲巡業でのことが繰り返し報道されました。日本の神様にささげる相撲の土俵には女性は上がってはいけないということなのだそうです。今日わたしたちが生活している社会では、ほとんど宗教による制約を感じることは無くなっています。しかし、世界を見渡してみますと宗教上の理由で男女をわけ隔てたり、人をわけ隔てるようなことはごく普通にあります。私たちはそのような光景を「自分たちには関係のないこと」としてとらえているように思います。しかし、今日の聖書箇所を読んで、私たちも宗教に基づいて人をわけ隔てることがあるように思いました。
 さて、この聖書箇所では「生き返った」ことを信じない弟子たちの前にイエスが現れ、「全てのものに福音を宣べ伝えなさい」と語っています。次に洗礼を受ける者は救われる、と排他的にも感じることも語っています。ここでは、クリスチャンにならないと救われない、そう語られているように見えます。洗礼と言われますと、どこか私たちは入信儀礼のように思ってしまいます。しかし、キリスト教が始まった頃の礼拝を研究している学者は、洗礼がユダヤ教のあるグループで清さを保つために繰り返し行われていたことも紹介しています。私たちは洗礼の「罪の洗い流し・罪の気付き」という意味を忘れてはなりません。
 洗礼を受けないものは救われない、イエスはそう語っているわけですが、これは狭い意味でクリスチャンでなければ救われないということではないと思うのです。そして、すべてのものに福音を宣べ伝えなさい、そうとも語っているわけです。これは宗教をも超えた真理をイエスが示しているのです。私たちもついつい、宗教によって、キリスト教によって人をわけ隔ててしまう時があります。しかしイエスが復活を通して弟子たちに示した「復活の真理」、自分の命をも超えた真理はわけ隔てるような狭いものではありません。復活節にあって、イエスの真理を共に歩みましょう。

2018年4月9日月曜日

2018年4月1日

2018年4月1日 復活節第1主日礼拝説教要旨
  「新たな歩みへ披(ひら)かれて」 小﨑眞牧師
  ヨハネによる福音書 20:24~29節

 今年度、平安教会の代務者として招かれ心より感謝致します。さらに本日のイースターには受洗者も与えられ、不思議な出会いと導きを大変嬉しく思います。さてトマスの伝承を通して主イエスの復活の喜びに出会いたく思います。私たちの多くは「見ないで信じること」の意義を学ぼうとしてきました。その姿勢は聖書の中で重要なテーマでもあります。しかし、私たちは日常生活の中で自身が体験した「過去の物語:見た事、聞いた事」」に常に縛られています。そもそも聖書の中で、信じることは「人間の側からの何ものかではなく、主の側からの何ものかであり」、「信じることのできる原動力、主導権は神の側」にあると理解されてきました(小野一郎『ヨハネによる福音書』)。一方、「見ないのに信じる」姿勢は倫理のごとく迫り、その姿勢を絶対化します。「見て信じる」姿勢は不信仰なのでしょうか。その責任は人間にあるのでしょうか。
 山浦玄嗣(ケセン語聖書翻訳者として著名)さんはこの箇所を「しょぼくれるなトマス」との副題を付けケセン語(東北ケセン地方の言葉)で翻訳しています(『ガリラヤのイエシュー』)。彼は復活の主とトマスの言葉の行間に本質を聴取します。弟子集団に居ながらも孤独感や寂寥感にさいなまれるトマスに関心を払いつつ以下のごとく記します。
お前はその眼で俺を見だからやっと本気にしたが?
      んでもな、いいんだ、気にすんな!当たり前だ。
 「気にすんな!当たり前だ」とのイエスの語りは多くの励ましを与えます。私たちの信仰生活においても想定外の出来事に対して「なぜ私が」との嘆きや疑いを発する場面があります。この人間の悲嘆の只中に主が介入する事実をトマスの伝承は語っています。以下の言葉を通し主イエスの真理に出会いたく思います。
人にも言えず親にも言えず、先生にも言えず、自分だけで悩んでいる、また恥じている、そこでしか、人間は神様に会うことはできない。(森有正『土の器に』)
 恥じや苦悩の只中にある私たちに対して、主イエスは十字架上の傷を示し、痛みを分かち合おう(共苦)と迫ってきます。ここに私たちの思いを超えた新たな世界が切り披かれ、イースターの喜びが創出します。