2019年11月25日月曜日

2019年11月17日

2019年11月17日 降誕前第6主日礼拝説教要旨
  「天からの祝福で生きている」 小笠原純牧師
    ヨハネによる福音書 6:27~35節
【「ギムレットにはまだ早すぎるね」。清水俊二の初訳は名訳と言われる。・・・。『長いお別れ』が、数年前、村上春樹訳『ロング・グッドバイ』(ハヤカワ文庫/2010)として出版された。(ただし、ミステリー文庫の清水訳も現役。どんな新しい訳が出ても、村岡花子訳『赤毛のアン』が絶版にならないのと同じである)】(斎藤美奈子の『文庫解説ワンダーランド』、岩波新書)。清水俊二は『長いお別れ』、レイモンド・チャンドラーに並々ならぬ思い入れがあり、また村岡花子もまた『赤毛のアン』、ルーシー・モード・モンゴメリに対する深い敬意と愛がありました。「これがないとだめなのよ」という特別な思いがあります。そうした特別な思い、夢中になることの尊さということを思う時に、「求めて生きていく」ということのすばらしさということを思います。  
イエスさまもまた「求めて生きていく」ということの大切さを、私たちに教えてくださっています。ヨハネによる福音書はキリスト教がユダヤ教から離れていく時代に書かれてあります。ユダヤ教から出ていくとなると、キリスト教はローマ帝国から宗教として認められていない状態になるので、迫害を受けるかもしれないですし、商売などをしていたら立ち行かなくなるかも知れません。イエスさまを信じると、飢えることになるかもしれないし、渇くことになるかもしれない。そうしたなかで、ヨハネによる福音書は読まれているということです。
イエスさまは群衆に「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」と言われました。私たちは目先のことにとらわれてしまい、真摯な思いで求めることを辞めてしまうことがあります。ほんとうに自分にとって大切なことは何であるのかということを見失ってしまい、日常のことにだけこころが向いてしまうことがあります。
イエスさまは「永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」と言われ、神さまの方をしっかりと向いて歩みなさいと、私たちに勧めています。私たちに命を与えてくださり、私たちに賜物を与えてくださったのは、神さまです。私たちは「天からの祝福で生きています」。そのことをしっかりと思い起こし、そして誰の方を向いて歩むことが、たしかな歩みであるのかを、思い起こしたいと思います。


2019年11月18日月曜日

2019年11月10日

2019年11月10日 降誕前第7主日礼拝説教要旨
  「永遠のいのちへの約束」 小笠原純牧師
   ヨハネによる福音書 8:51~59節
 イエスさまは「わたしの言葉を守るなら、その人は決して死ぬことがない」と言われました。アフロ・アメリカン・スピリチャル、いわゆる「黒人霊歌」のなかには、世の終わり・終末、永遠のいのちについての歌が多くあります。「Soon Ah Will Be Done」(「もうすぐ終る」)もその一つです。黒人たちは奴隷として連れてこられて、つらい労働を強いられ、ひたすらものとして扱われました。そうした理不尽なことが終るときがくると歌われています。黒人霊歌に現れているアフロ・アメリカンの人たちの信仰は、私たちに世の終わり・終末、永遠のいのちの大切さを教えてくれています。世の終わり・終末、永遠のいのちを信じるということは、わたしの悲しみや苦しみをそのままにしておかれない神さまがおられるということを、わたしは信じているという告白であるのです。
 今日の聖書の箇所は「アブラハムが生まれる前から、「わたしはある」」という表題のついた聖書の箇所の一部です。ヨハネによる福音書は、イエスさまを信じている人々がユダヤ教にとどまるのか、とどまらないのかという問題をつきつけられている時代に書かれてあります。ユダヤ教にとどまると、安心した宗教生活が保障されました。しかしユダヤ教を出てキリスト教を信じると、迫害を受けるかも知れないということになります。
 ヨハネによる福音書は、「わたしはある」という言葉で、イエスさまが神さまの御子であることを表しています。神さまの御子であるイエスさまは、神さまの御心を知っておられる。イエスさまは神さまの御心を行なわれ、病気の人々をいやし、悲しみの中にある人々と共に、神さまがいてくださることを告げ知らせる。そして私たちの罪を担い、十字架につけられ、三日目に私たちのために復活をされる。そして死に打ち勝たれたイエスさまによって、私たちは罪許され、神さまの民として永遠の命へと招かれているのです。
 神さまの御子イエスさまは「体を殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな」(マタイ10章28節)と言われました。この世にあって、私たちはいろいろな不安や悩みをもち、そして恐ろしくなるときがあります。しかしイエスさまはこの世のことではなく、私たちが永遠のいのちへの祝福を受けていることを、しっかりと受けとめて歩みなさいと、私たちを招いておられます。私たちは永遠の命の約束をいただいています。そのことに感謝しつつ、恐れることなく歩んでいきましょう。

2019年11月11日月曜日

2019年11月3日

2019年11月3日 降誕前第8主日礼拝説教要旨
  「あなたの罪はゆるされた」 小笠原純牧師
    ヨハネによる福音書 3:13~21節
今日は召天者記念礼拝を神さまのところに帰られた方々と共に、またご家族の方々と一緒に礼拝を守ることができ、神さまに感謝いたします。
みなさんは自分の大切にしているものを、大切な人にあげたことがあるでしょうか。わたしはこどものときに、自分が大切にしていた父のお土産の京都タワーのメダルを、引越していく友人にあげました。当時の宝箱の中に入っている宝物は、いまはわたしにとってガラクタになっています。しかし友だちにあげた京都タワーのメダルは、手元にないですわけですが、わたしにとって永遠の宝物になっています。
今日の聖書の箇所には、【神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された】(JN0316)という有名な聖書の言葉が出てきます。神さまもまた大切なものを大切に人にあげられた方でした。神さまは大切な独り子イエスさまを、私たちにくださったのです。
イエスさまは私たちの罪のために十字架についてくださいました。イエスさまは私たちを裁くために、来られたのではありません。私たちを救うために来られたのでした。私たちに神さまの深い愛を伝え、そして私たちに私たち自身の深い罪を伝えるために、イエスさまは私たちのところに来てくださいました。そして私たちの深い罪のゆえに、十字架につけられ、そして天に召されたのでした。私たちは神さまの独り子であるイエスさまの十字架を通して、私たちは滅びから、永遠の命へと導かれたのでした。
讃美歌21-300番に「十字架のもとに」という讃美歌があります。この讃美歌の詩は、スコットランドの讃美歌学者のエリザベス・クレーフェン(1830-1869)という人の詩です。クレーフェンは財産を売って貧しい人々を助ける、地元の人々から「太陽」と呼ばれるすばらしい人でした。しかし彼女は「はかりも知られぬ ひとの罪よ」と歌いました。地元の人々から太陽と呼ばれていた彼女も、自分のこころのなかのどうしようもない罪を見つめていたのでした。私たちはクレーフェンのように、自分の罪を見つめながらも、しかし罪赦されているということに感謝する者でありたいと思います。
【神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された】。神さまの深い愛を信じましょう。神さまの深い愛に包まれていることを信じて、救い主イエス・キリストに希望をおいて歩んでいきましょう。

2019年11月5日火曜日

2019年10月27日

2019年10月27日 降誕前第9主日礼拝説教要旨
  「新しい一週間へ」 桝田翔希伝道師
    ヨハネによる福音書 1:1~14節
 先日、失念してほったらかしにしていた京都教区総会の補助書記としての、逐語録に近い記録を録音テープを聞きながら作っていました。改めて録音を聞きながら議事録を作成していて、自分がいい加減に聞いていた部分や自らの経験に照らし合わせて、元々の意図を歪める聞き方を多くしていたことに気づかされました。「言」の難しさを痛感しました。
 本日の聖書日課により示された箇所は、ヨハネによる福音書の冒頭にあって「言葉(ロゴス)の賛歌」と呼ばれる個所で、「言(ことば)」という単語が何度も使われています。賛歌という程なので、元々は歌として語り継がれていたものと考えられています。この部分では、「言」とはどのような意味が込められているのか考えてみたいと思います。ヨハネによる福音書はユダヤ人の中のキリスト教徒を対象として執筆されたと言われているので、ユダヤ教や旧約聖書の影響を強く受けていると考えることができます。旧約聖書で「ことば」というと、創世記において神が「ことば」によって天地創造をする場面が思い出されます。また、イザヤ書55章10節では、神が発した言葉は必ず使命を果たすものとして描かれています。旧約聖書で言葉とは、ダイナミックかつ人間に応答を求める者として描かれているのではないでしょうか。
 一方、今日の社会状況において言葉はどのように使われているでしょうか。インターネットを見ていますと、見るに堪えないような言葉がよく書かれています。匿名性に守られながら、他人に対する恐怖感や嫌悪感が助長されているように思います。私は「言葉」が持つ意味はどんどん軽くなる一方で「キツク」なっているように感じています。例えば、夜中に騒いでいる人を見たとき、イラッとしてしまう時もありますが「なるべく笑顔で少し静かにしてくれませんかと言えばたいていの場合はすむ話(岸政彦)」なのかもしれません。しかし私たちは直接的な対話をないがしろにして、恐怖感や嫌悪感に突き動かされて「ことば」を発してしまいます。これはネットの社会ではさらに顕著に表れているように思います。しかし聖書が語る言葉は愛ややさしさに満ち、躍動的でありながら私たちに応答を求める者として描かれています。聖書の言葉に立ちながら「ことば」の力を信じ、降誕日までの日々を過ごしたいと思います。

2019年10月27日日曜日

2019年10月20日

2019年10月20日 聖霊降臨節第20主日礼拝説教要旨
 「びくびくするのも、ほどほどに」 小笠原純牧師
    ルカによる福音書 19:11~27節
 「これ」という賜物があればなあというふうに思うときが、わたしにはあります。でも、一方で、「小笠原さんにはそこそこの賜物しか与えてないのに、まあよくやっているんじゃないかなあ」と、神さまは思っておられるのではないかと思っています。
 今日の聖書の個所は「ムナのたとえ」という表題のついた聖書の個所です。このたとえは主人が10ムナを僕に渡して商売をさせるというたとえです。1ムナで10ムナもうける人、5ムナもうける人が誉められます。そして1ムナをそのままにしていた人が叱られるという話です。一般的には、「賜物を用いない人はだめである」という話です。しかしもう一方でこの話は、世の終わり・終末の関連で、イエスさまは話されています。1ムナをそのままにした人を叱った主人は、自分は人を裁く人間だと思っているわけですが、世の終わり・終末のときに、みんな同じように、神さまの裁きの座に立つことになるのです。世の中にはこの主人のように恐ろしい人がいて、びくびくしてしまう私たちですが、しかし神さまはそんな弱い私たちを守ってくださる力強い方なのです。
 なんかびくびくしてしまって、本来であればできるかも知れないことも、できないと思ってしまうこともあります。自分がやらなくても、もっと自分より上手にできる人がやってくれるのではないかと思って、「まあいいか」と思うこともあります。周りの人たちが上手にしているのをみると、なんか気後れしてしまうというようなこともあります。  私たちの神さまはなんとなく気後れして何もできない私たちに対して、「その一ムナをこの男から取り上げて、十ムナ持っている者に与えよ」と叱り飛ばすような方であるとは、わたしは思いません。ただでもせっかく神さまが与えてくださった賜物が、十分に用いられないのであれば、やっぱり神さまはちょっと残念に思われるだろうと思います。「小笠原さんには、この賜物を与えているのに、なんで小笠原さん、それを用いようとしないのかなあ。ちょっと、残念やなあ。この賜物用いて、いい働きすると思うんやけどなあ」。
 びくびくするのも、ほどほどに。あんまり大丈夫かなあ。大丈夫かな。できるかな。心配だなあと、思うのではなく、喜んで、神さまに用いていただく者でありたいと思います。少々、失敗をしても、神さまが助ける人を備えてくださり、良きようにしてくださいます。神さまに用いていただき、幸いな歩みをしたいと思います。

2019年10月22日火曜日

2019年10月13日

2019年10月13日 聖霊降臨節第19主日礼拝説教要旨
  「良いお金持ちになる方法」 小笠原純牧師
    ルカによる福音書 16:19~31節
 和田洋一の「新島襄」によりますと、「幼いときから新島は貧乏のつらさに泣くことはなかった」そうです。新島襄は同志社の設立と運営のために一生懸命に働きます。その資金の多くは海外の教会や宣教団の資金によるものでした。新島襄は、良いことのために用いるのであれば、お金はだれから出してもらっても良いと思っていました。そして教会に連なる良い人々、良いお金持ちが新島襄を支えました。
 今日の聖書の個所は「金持ちとラザロ」という表題のついた聖書の個所です。金持ちはこの世で良い暮らしをし、そして天に召されたあとは陰府で苦しんでいる。ラザロは世の世で苦しい生活をし、そして天国ではアブラハムの祝宴に招かれている。金持ちは自分の兄弟たちがこんなひどい目に合わないようにと、ラザロを遣わして兄弟たちに伝えてほしいとアブラハムに言います。しかしアブラハムは「モーセと預言者」(聖書)に耳を傾けていれば、このような目にあることはないと言いました。
 神さまは私たちに命を与えてくださいました。今日も私たちは神さまから命を与えられて生かされています。その命はわたしが作り出した命ではなく、神さまから与えられた命です。どんな金持ちも自分の命を自分で作り出したわけではありません。その命は神さまから与えられたものです。そのことをわきまえないで、私たち人間は生きていくことはできないのです。私たちには金持ちになる方法が示されているのではなく、「良い」金持ちになる方法が示されています。  
 私たちはいつのまにか、自分が自分の力で生きているかのように思い込んでしまうときがあります。そして順調な時は得意になり、自分以外の人々が怠け者であるかのような気持ちになるときがあります。「自業自得だ、自己責任だ」と、恥ずかしげもなく語り始めるときがあります。私たちの時代の病は深く、世の中自体が神さまの御心に反することに対して、それこそが正しいことのような雰囲気が漂ってしまうときがあります。  
 しかしそれは正しいことではありません。人は神さまから命を与えられ、そして神さまから与えられた賜物を用いて生きていきます。そして互いに思いやりながら、互いに愛し合いながら、互いに寄り添いあって生きていく。それが、神さまが私たちに示しておられる歩みであり、祝福された良き歩みなのです。








2019年10月14日月曜日

2019年10月6日

2019年10月6日 聖霊降臨節第18主日礼拝説教要旨
  「人間に戻る」 桜井希牧師
    マタイによる福音書 14:13~21節
物語は人里離れたところで休もうとされたイエスを追って、大勢の群衆がやって来るところから始まります。「女と子供を別にして、男が五千人ほど」とありますから、実際は一万人を超えていたでしょうか。その中には病人がいて、病人を連れて来た家族や友人がいたはずです。そうした人々を前に、イエスは病人を癒し始めたのでした。病人の列は途切れることがありません。日はかげり、夕暮れ時となりました。傍らにいる弟子たちは、群集が疲れ果て空腹のまま置かれていることを重々知っていました。もちろん自分たちもお腹がすいてきたはずです。しかし、お腹をすかせた人々を前にして自分たちだけが五つのパンと二匹の魚を食べるわけにもいかない。そこで弟子たちはイエスの活動を止めさせ、群集を解散させようとようとします。それに対してイエスは言うのです。「あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい」と。
 自分が持っているものや能力ではどうすることもできない現実がある。そうであれば、目の前の現実をなくしてしまえばいいのです。群衆にはそれぞれの責任でなんとかしてもらうしかない。彼ら彼女らの空腹は自分たちの責任ではないからです。もちろん弟子たちだって、最初は群衆を見て「かわいそうに」と思っていたはずです。しかし彼らは、事が我が身に及ぶと、自分にはそんなことできないと逃げようとします。
 そのような弟子たちに、イエスは自分の手で食べ物を配るよう命じます。それは目の前の人々を「大勢」として一括りにしていた彼らを、その一人ひとりと出会わせるためではなかったかと思うのです。食べ物を配りながら、弟子たちには一人ひとりの苦しみや悲しみが見えてくる。パンをもらって喜ぶ子供の顔、泣きやむ赤ちゃんの顔、安心する親の顔、そこには感謝と喜びの出会い、ひと時の交わりがあったことでしょう。弟子たちにしてみれば、群集は「人数」から「人間」に戻ったのではないでしょうか。いやむしろ、弟子たちが人間に戻ったと言うべきでしょう。「あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい」というイエスの言葉は「ここにはパン五つと魚二匹しかありません」と言って立ちすくむ私たちに、人と出会う勇気を与えてくれるのではないでしょうか。