2019年6月24日月曜日

2019年6月16日

2019年6月16日 聖霊降臨節第2主日礼拝説教要旨
  「空のカラス・野のアザミ」 木村良己牧師
   ルカによる福音書 12:22~31節

(1) 「等価交換の法則」に生きる現実!
(2) 「空のカラス・野原のアザミ」
■「空の鳥・野の花」と呼ばれる有名なテキスト。教会学校に通っていた頃のCSカードでは、両手を天に向けて広げたイエス様がいて、その手の周りを小鳥が舞っていて、足下には百合が咲いているイメージだった。しかし「空の鳥」は、ギリシャ語では「コラクス」という言葉が使われ、マタイでは「鳥」、ルカでは「カラス」と特定されていて、小鳥ではない。また「野の花」は、ギリシャ語では「クリノン」という言葉が使われ、マタイでは「野の花」、ルカでは「野原の花」と訳されている。かつて文語訳聖書で特定された「野の百合」というよりは、棘があってはびこる「野アザミ」ではないかとの説もある。何しろ「今日は野にあって、明日は炉に投げ込まれる草(28節)」という表現が続くのだから。 
■イエスが「空の小鳥・野の百合」ではなくて、「空のカラス・野原のアザミ」を考えてみなさい」と語ったのだとしたら……? あなたがたカラスのように疎まれ、野アザミのように厄介者扱いされている者たちよ。神はあなたがたにこそ目にとめ、美しく装ってくださる。まさに、切り捨てられ、排除を余儀なくされた人たちへの励ましと祝福に満ちた言葉、その一方で奢り高ぶる人たちへの厳しい批判に満ちた言葉、それが元来イエスが語った「空の鳥・野の花」=「空のカラス、野のアザミ」のたとえだったのではないか?
(3) 「父に感謝する日」(6月第三日曜日)
■「…親とは、5人いるのに4切れしかアップル・パイがないのを見ると、即座に『パイは好きじゃないの』という人のことだ!」
(4) 「等価交換を超えた法則」
■「等価交換の法則」=「Give and Take」というよりは、「等価交換を超えた法則」=シンドサを抱えた仲間たちへの「えこひいき」に満ちた愛が、聖書には描かれている。イエスが指し示した「空の鳥=カラス」や「野原の花=アザミ」に目をとめ、その背後で働く「見えざる御手」の導きに想いを馳せると共に、「ただ、神の国を求め(31節)」、「喜びながら犠牲を払って生きる」…そんな生命(いのち)の使い方でありたい。

2019年6月17日月曜日

2019年6月9日

2019年6月9日 ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝説教要旨
  「聖霊降臨」 榎本栄次牧師
     使徒言行録 2:1~13節
 今日はペンテコステ(聖霊降臨日)の礼拝を守っています。イエス亡きあと、弟子たちは人々からの迫害を恐れて隠れて集まりをしていました。そのような弟子たち一人ひとりの上に聖霊が下りました。すると彼らは怖れを捨て、外に出て人々の言葉でみ言葉を語り出しました。ペンテコステの出来事です。今日は教会の誕生日です。 
 教会という言葉には二つの呼び名があります。一つはエクレシア(集められた者)です。集められた者は、無欠陥のエリートたちではなく、むしろ世間からははみ出した変わり者であり、負け組の閉じこもりの人たちでした。「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪びとを招くためである」(マタイ9:13)と言われたとおりです。
復活後、主イエスは「力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい」(ルカ24:49)「エルサレムを離れず、前に私から聞いた、父の約束されたものを待ちなさい」(使徒言行録1;4)と言われました。教会は、逃げ込むところです。集められた者は、祈ります。泣きます。助けを求めます。待ちます。叫びます。共に食事をします。話を聞き合います。そこに聖霊が下るのです。完全な受身形です。牧師も信徒も待つ者でなければなりません。
もう一つはディアスポラ(散らされた者)という言葉です。外に出ていくのです。追い出されるという意味もあります。遣わされたところでもあります。そこは「狼の群れに羊を送り込むようなもの」(マタイ10:16)です。礼拝を終え、ここからそれぞれ違ったところに散らされていくのです。その散らされた所が、ディアスポラとしての教会、キリストの体です。キリストは弟子たちを「強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ」られました。(マタイ14:22)教会が教会になっていくためにはこの二つのことが必要です。
聖霊を与える。その約束を頂くために私たちは週毎に集まってくるのです。そして、主の使命を受けて散らされていくのです。約束を信じ待つ時、必ず主は助け主を送って下さいます。そこに主の教会があるのです。

2019年6月10日月曜日

2019年6月2日

2019年6月2日 復活節第7主日礼拝説教要旨
  「歩いて七日」 桝田翔希伝道師
     マタイによる福音書 28:16~20節
 ペンテコステを控えた6月2日から8日は、「アジアエキュメニカル週間」と呼ばれ、様々な状況にあるアジアの教会やキリスト者を、教派を越えて覚える時とされています。京都教区では40年間「ネパール・ワークキャンプ」の活動が現在まで続けられてきました。この活動は、人と人が出会い学びあう「草の根の活動」というあり方が大切にされてきました。私もワークキャンプでネパールを訪れた時、様々な出会いを与えられました。ある時、ネパール語を話すことができる研究者の方と一緒に、いつも滞在していた村に行きました。村のおじいさんはいつも私たちに微笑みかけ、世話をして下さいました。おじいさんと研究者の方が話しておられるのを見ていると、急におじいさんは銃を構えるジェスチャーをしました。何のことかと思い後で聞いてみると、「内戦で娘が殺された、という話だった」との事でした。よく行く村でしたが、私たちが想像できないような歴史を人々が抱えていたことに衝撃を受けました。人と人が出会う、そして異文化の中で出会うということの難しさを感じました。
 復活した後、最後にイエスはガリラヤの山で弟子たちに語りかけます。無残に殺されたイエスを前にして「疑う者(17節)」もいましたが、「命じておいたことをすべて守るように教えなさい(20節)」と山の上で語ります。「命じておいたこと」とは、マタイによる福音書の文脈で考えると、生活での実践的な教えを次々と語った「山上の説教」の場面が思い出されます。みんながいきいきと生きるために、それらを教えて「すべての民」を私の弟子にしなさいと語るのです。
 ここで「すべての民」という言葉は、ある研究者によると、当時のギリシャ語用法から「個人個人」という意味が強いのではないか、とも考えられます。「速さ」が求められる情報化社会の中で生きる私たちは、少しの労力で大人数を扇動することも容易な時代に生きています。「すべての民」と言われると、大人数を相手にするように命じられているような気になります。しかし、この後で弟子たちは疑いをもつ者もいながら、自らが歩き語り伝えるものとなりました。それは、「速さ」を重視した扇動ではなく、「個人個人」と出会いながらゆっくりとなされる「草の根」のようなものであったように思います。効率が求められる今日にあって、私たちはどのように出会い、語っているのでしょうか。

2019年5月27日月曜日

2019年5月19日

2019年5月19日 復活節第5主日礼拝説教要旨
  「『しもべ』ではなく」 桝田翔希伝道師
    ヨハネによる福音書 15:12~17節
 ここでイエスは、弟子たちに対して「あなたたちは僕ではなく友である」と語っています。そして並んで「友のために命を捨てる」とも語っています。この言葉は有名なもののように思いますが、第二次世界大戦中の日本の姿を思い起こされました。
先日研修で訪れた沖縄で、現在建設が進められている自衛隊や米軍の基地を案内して頂き、現状や不条理を目の当たりにしました。さらに戦争中に病院として使われていた「ガマ(洞窟)」や集団自決が起こった崖などを見ました。当時、沖縄は捨て石として利用されるなかで、軍国主義の中で土地の言葉は禁止され、捕虜として捕まることは許されないこととされました。政府から言われることに、疑問を持つことは許されませんでした。戦いで死ぬことが美徳とされました。このことは、元号が代わり天皇制が色濃く報道される状況で、強く思い出される事でもあります。
 イエスが「しもべ」という言葉を使った背景には、当時の奴隷制度がありました。僕は主人に言われた仕事は、理由や目的も知らされずに従わなければいけませんでした。そこに疑問を持つことは許されなかったのです。しかしイエスは神と人との関係は、奴隷と主人のような有無を言わせない関係ではないと語るのです。軍国主義の中で疑問を持つことが許されなかった構造とよく似ています。そして「友のために命を捨てなさい」と語ります。
 「命を捨てる」この言葉は、原語のギリシャ語を見ますと様々な解釈をすることができるということがよく言われます。「捨てる」とされている単語は「置く」という意味にも使われます。「命を置く」「生活を置く」というようにも解釈することができます。現代社会に生きる私たちは、互いに顔を合わせずとも生活できるようになってきました。しかしそのような状況にあっても、他人の為に心を置くようにイエスは語っておられるのです。それは単なる命令ではありません。互いに愛し合うために、この世へと召し出されているのです。

2019年5月21日火曜日

2019年5月12日

2019年5月12日 復活節第4主日礼拝説教要旨
  「父の御心」 桝田翔希伝道師
   ヨハネによる福音書 6:34~40節
 ここ数週間は元号の変更という社会の流れの中で、メディアでは繰り返しの報道がなされました。違和感を覚える状況でありますが、この時にあって母の日の礼拝を守っています。世界各地で「母の日」は守られているようですが、様々な起源があるそうです。日本で守られている母の日はイギリスやアメリカでの出来事が元になっているそうです。アメリカで社会活動にもかかわっていた「アン」という女性がいたそうです。彼女は早くに亡くなられたのですが、そのことを偲んで生前好きだったカーネーションを持ち寄り記念会が行われたのだそうです。1900年初めごろの出来事でありました。ここから母の日が祝われるようになったのだそうです。しかし後に、この日にはカーネーションが高額で売られるようになり、アンを知る人たちは心を痛めたのだそうです。母の日は商業主義に取り込まれていきました。
 聖書日課では、「5千人の給食」の後の場面が選ばれていました。2匹の魚と5つのパンで5千人が満たされるという奇跡の後に、その群衆たちはイエスの後を追います。ここには、さらなる奇跡を見てみたいという群衆の思いを見ることができます。湖の対岸まで船でやって来た群衆に対してイエスは「命のパン」を語ります。群衆たちは見ていませんでしたが、この時イエスは湖の上を歩いて渡るという奇跡を行っていました。しかしその奇跡を語ろうとはしませんでした。5千人の給食を体験した群衆は、イエスの承認となる存在でした。しかし肉体的な満足を経験し、当時言われていた「政治的・熱狂的な救い主」を求める姿があります。当時大切にされた価値観と、神の御心は違うということをイエスは語ります。
 日本でも母の日は、商業ベースに乗っかったものがうたわれているように思います。この社会で生きる私たちは、この世的な価値観に大きく翻弄されるのも事実です。メディアで言われることをそのまま受け入れてしまう時もあります。しかしこの時にあって神の御心を知ることが大切であると語られているのです。私たちはすべての人が等しく神に命を与えられ、神の命を生きています。お互いの与えられた命を祝いながら、尊重しながら「母の日」を覚えたいと思います。

2019年5月13日月曜日

2019年5月5日

2019年5月5日 復活節第3主日礼拝説教要旨
  「この子どものように」 桜井希牧師
   マルコによる福音書 9:33~37節
イエスは受難予告の度に、弟子たちに「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい」と教えています。しかし弟子たちはそのことを理解しておらず、自分たちの中で「だれがいちばん偉いかと議論し合っていた」と言います。弟子たちの姿は、当時イエスに敵対していたファリサイ派や律法学者たちの姿でもあります。彼らは律法解釈を根拠に人々を清い者と汚れた者、祝福される者と裁かれる者とに分断し、神の国を独占しようとしました。律法を忠実に守ることを神の国に入る要件とする彼らにとって、憐れむ神、赦す神は必要ありませんでした。一方イエスはそうして罪人とされた者たちと食卓を囲みました。「すべての人の僕になりなさい」という時の僕は食卓の給仕を意味します。食卓は命の糧を分かち合い、生きる喜びを味わう場所です。僕は独占された神の恵みをすべての人に行き渡らせることをその務めとするのです。
イエスは子どもを抱き上げ、「このような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである」と言います。ユダヤ教社会において子どもは、律法を守るという点から見れば未熟で不完全な者です。子どもは律法を知らないために、この世の汚れや罪に対して無防備だと見なされていました。だからこそ律法の専門家は子供たちが一日でも早く、一つでも多くの律法を知り、守るようにと律法教育に努めるのです。しかしイエスは幼子を教育の対象としてではなく、そのままで受け入れることを求めました。私たちは誰もがこの世に誕生する時、人生の最初に「生かされる」という体験を経ています。幼子はありのままで、見返りを求めない、無償の愛を受けて生きています。そのような愛によって救われた私たちは、今度はその愛をもって人に仕える生き方が求められています。すべての人がありのままに生きることのできる場所をつくっていきたいと思います。


2019年5月6日月曜日

2019年4月28日

2019年4月28日 復活節第2主日礼拝説教要旨
  「イエスは生きておられる」 桝田翔希伝道師
    ルカによる福音書 24:13~35節
 関係性が希薄になってきた現代社会は、無縁社会とも言われるようになりました。そんな折、先日送られてきた教団新報にイースターの説教が一面に載っていました。見るとよくお世話になっている方の原稿でしたので読んでみますと「関係性の喪失は死を意味する」との言葉に考えさせられました。「復活節第二主日」と「労働聖日」の日にあって、私たちは聖書に何を問いかけられているのでしょうか。
 物語はイエスの死に落胆した二人が歩いている所から始まります。そこにイエスが臨みますが、この二人はイエスだと気付きませんでした。イエスは「何を話しているのか」と問います。この二人はイエスがどのような人で、何があったか、を語りますが全てが過去形で語られています。この物語では「イエスは生きておられる」を中心として展開しています。過去のことばかり話していた二人は、イエスに語られ食事を共にする中で、イエスに気づき「時を移さず」にエルサレムへと喜びの中で出発します。今を生きる人へと変えられていったのです。イエスの死を前に多くの人が自分から逃げ去りました。イエスとの関係性を絶ちました。しかしそれでもイエスから歩み寄り、関係性をあらたに作られる姿があります。
 大阪の釜ヶ崎は「寄せ場」と呼ばれ世間から差別的な扱いを未だに受けています。釜ヶ崎には労働者が多く集まる「労働センター」という施設があるのですが、先月の3月31日に移転に伴い閉鎖されることになりました。移転とは言いつつも、そこには行政による労働者排除の思想が感じられました。寄り合う場所として、人々の関係性が守られる場所としてのセンターが閉められようとしたのです。しかし、当日には多くの人が集まり、センターは閉まりませんでした。人と人の関係性という意味での命は無くならなかったのです。
 今日の社会状況の中で、関係性は複雑化し希薄化しています。今まであったものが崩れ、全く新しい関係性のあり方を模索する時なのかもしれません。しかし、人間に力がないということではないのです。イエスが私たちの間に生きておられるのです。私たち一人一人が神とのつながりの中で生き、この世に遣わされています。どんなことがあっても私たちに寄り添って歩まれるイエスがおられるということが、私たちの希望として迫っているのではないでしょうか。