2018年10月15日月曜日

2018年9月23日

2018年9月23日 聖霊降臨節第19主日礼拝説教要旨
  「勝利の入城」 山下毅伝道師
   ルカによる福音書 19:29~44節

 イエスの公生涯は、3年半続きました。公生涯の終わりに近づき、イエスはメシアとしてエルサレムに入城され、日曜日の午後に入城され、金曜日に十字架にかけられます。今、この入城される時、非常に緊迫した状態です。イエスはこの入城に際し、子ロバに乗ることをのぞまれます。それは旧約聖書ゼカリア書9章9節の「彼は神に従い、勝利を与えられた者 高ぶることなく、ロバに乗って来る――」この預言が成就されなければならないので、イエスは、子ロバを必要とされたのです。イエスのエルサレム入城は、民衆、弟子達の思いは、勝利の王として、メシア的王国が出来上がることを期待していますが、イエスの思いは、十字架にかかることによって、自分を全人類の救いの為、贖いの業のために、父の御心が成就されるために、入城されるのであり、父なる神に御自分をささげられた勝利者として入城されるのです。大きな開きがあります。弟子達が「ホサナ」(どうぞわれらを救って下さい)という叫びに、パリサイ人達は抗議します、「イエスがメシアであるという叫びは、神への冒涜だ。」と思ったからです。イエスは答えられます「言っておくが、もしこの人たちが黙れば、石が叫びだす」と言って、メシアとして迎えるのは当然だと、おっしゃいます。かたくなな、リーダたちの姿を見て、エルサレムに近づき、都が見えた時、大粒の涙を流され、声をあげて泣かかれた。イエスはすべての人を救いたいと思っておられました。イエスを拒否したエルサレムは紀元70年ローマ軍によって崩壊します。イエスは愛に満ちた方です。私たちは、社会の問題も、教会の問題も、家庭の問題も、みんな、神様にしていただかなければ、出来るものではありません。そのためには、ただひたすら神様の言葉を聴く、という生活をしなければなりません。神の言葉を聴いて慰められまた励まされ、また召し出されていくところに私たちの生活があります。

2018年10月1日月曜日

2018年9月16日

2018年9月16日 聖霊降臨節第18主日礼拝説教要旨
 「どこにもいかんといてね~共におられる神さま」 小笠原純牧師
  マタイによる福音書 28:16~20節
 本日は、敬愛する平安教会の皆様と、礼拝を守ることができ、とてもうれしく思います。
わたしの母はアルツハイマー認知証で、18年前に天に召されました。わたしの父は長い間、その母の介護をしました。わたしはこの10数年間の、父と母の生活を見ながら、なにか大きなことをなし得るということよりも、誠実に人生に向き合って、目の前にいる大切な人とともに、精一杯生きていくということに、人生のかけがえのなさというものがあるような気がしました。
 わたしが帰省したとき、父と母と三人で川の字になって寝ていると、夜中に母が目を覚まして、起き上がって、こう言いました。「おとうさん、どこにもいかんといてね」。母はだんだんと記憶がなくなってきて、何もできなくなっていくのです。記憶がなくなるわけですから、みんな自分を置いて、どこかに行ってしまうような気持ちになるのでしょう。父は「どこにもいかんから、さあおやすみ」と言いながら、起き上がっている母を寝かせてあげていました。
 わたしは折にふれてこの小さな出来事を思いだします。そして父が「どこにもいかんから、さあおやすみ」という言葉の通り、母が帰天するときまで母と共にいたこと。そして「共にいる」ということの大切さ。また「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」という御言葉の確かさを思い起こします。神さまは確かに、記憶がなくなり恐れと不安の中にあった母と共にいてくださいました。
 人生の中で、私たちはいろいろな出来事に出会います。とても悲しい出来事に出会うときもあります。とてもつらい出来事に出会うときもあります。そんなとき、だれか、わたしのそばにいてほしいと思えます。そばにいる人に「どこにも行かないでね」「どこにもいかんといてね」と言いたいときがあります。
 聖書は私たちに告げています。「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」。イエス・キリストは私たちに約束してくださいました。「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」。私たちの救い主であるイエスさまは、どんなときも私たちと共にいてくださいます。私たちはこのことを信じています。どんなときも、私たちと共にいてくださる、イエスさまと共に、こころ平安に歩んでいきましょう。